徒然なるままに、ひぐらす猫BLOG

映画とか漫画とか気になる小ネタを書いてます

あんまり役に立たない雑学

【雑学】警察の呼び方色々

タケにゃんは何故かよく職質をされます。
新宿駅では用事の行きと帰りで「鞄の中を見せてね♪」と引っかかったことがあります。
さすがに帰りの時はイラッときたので「任意ですよね?嫌です」と断ったら交番に拉致られました。
ニホンノケイサツコワイヨー。

まあ、不審な格好(自分では至極まっとうだと主張しますけど)してた自分が悪いのかと反省。

そういえば「警察」って呼び方が色々ありますよね。
それぞれの語源をちょいと調べてみた。

警察の呼び方を予想してみる

・デカ
・ポリ
・サツ
・おまわり(さん)
・マッポ

パッと思いつく限りで、これくらい。そこで語源をなんとなく予想してみる。

・デカ
「デカ」と言われると「デカ盛り」しか出てこない。昔は何かデカかったのか?
でも、ドラマとかで「デカ長」とか言われる人は特にデカくもないぞ。謎。

・ポリ
これは英語の「ポリス」の略でしょう。

・サツ
警察の「察」でサツ。

・おまわり
巡査の「巡」でお巡り。

・マッポ
マッパ?マッピー?語尾に「ッポ」がつくので想像できるのは「鳩ポッポ」
…ということは「◯マッポ」が略して「マッポ」になったのかな?
タケにゃんの脳内では◯に入る文字は「デン」しか出てこないけど、恐らく大きな間違い。

実際にどうなの?

まず、簡単に分かりそうなものから調べてみると、ほとんど想像とあっていたが、意外な事実も判明した。

・ポリ
英語のポリスの略…であってはいるんだけど、そもそもの語源はフランスでさらに遡ると「秩序ある人々・都市国家」を意味するポリスに由来するラテン語
ちなみに「ポリ公」というのは警察をだいぶ舐めた言い方なので使わないようにしよう。

・サツ
予想通り「察」で「サツ」。これは泥棒業界の隠語(特定の集団内だけで通用する言葉)らしいけど、誰が聞いてもわかるから隠語の意味が無い気がする。

・おまわり(さん)
おまわりはおまわりでも「お巡り」とはちょっと違うようでした。
歴史は江戸時代までさかのぼり、当時警察のようなことをしていた奉行所の「同心」を「廻り同心」と呼び、それが親しみを込めて「御廻りさん」と呼ばれるようになったのです。
ちなみに"さん"を付けないとやはり侮蔑用語になるので、呼ぶときはさん付けをしましょう。

・デカ
まず前提として、デカは正確に言うと警察ではなく「刑事」のこと。んで、刑事とは「私服の警官」のこと。
明治時代に警察制度が確立され、私服警官が誕生したが、当時の警官はいちいち洋服を準備するのも大変で(価格が高いから)、もっぱら和服を着ていたという。その和服が四角い形の袖をしていたため「角袖(カクソデ)」と呼ばれていたが、それが泥棒業界の隠語で「デソカク(逆さ読み)」から略して「デカ」になったらしい。
ちなみに、同じく泥棒業界で「カクソデ」をもじって「クソデカ」と呼び、クソが取れてデカになったという説もあるとか。

もう一つ、英語の刑事「Detective(ディテクティブ)」の略語「ディック」が日本語読みで「デカ」になったという説。

そういえば、戦隊物に「デカレンジャー」ってのがいた気がする。彼らは私服で戦っていたのか、なかなかセンスを疑うぜ。
ちなみに司令官は「犬のおまわりさん」だったような気が…なかなかハイセンス。

この言葉を世に広めたのは、間違いなく「太陽にほえろ!」だと思う。
ジーパン刑事(デカ)とか、なかなかハイセンス。
個人的に最初に思いつくのは「あぶない刑事(デカ)」ですけど。

デカレンジャー

・マッポ
これには諸説が色々あるし、どれもそれっぽい。
共通して言えるのは、やっぱり明治〜大正時代にはあった言葉みたい。

松葉説

大正時代、「張り込み」のことを「松葉」と呼んでいた。
これは「張り→針→松葉」から変化したようで、張り込みをしている刑事を「松葉ポリス」と呼び、略して「マッポ」になった。

滅法うるさい説

警察はとにかくうるさい。特に昔は一般市民の敵と言われるくらいうるさかったらしい。略して「マッポ」。

薩摩藩説

明治時代に警察制度が出来上がった当初、薩摩藩出身の警官が多かったので「薩摩っぽ」から「マッポ」になった。

 

かつての不良映画なんかでは「マッポが来たぜ!」とか言ってるし、「滅法うるさい説」がある意味一番しっくりくるかも。
まあ、なんにせよ今は死語扱いなので、使ってる人はほとんどいないと思いますが。

結局、なんて呼べばいいのかな?

調べててわかったけど、全部が全部「警察」という意味ではなかった。
サツやマッポは警察官だけど、デカは刑事、ポリは警察そのものだ。じゃあ、なんて呼べばいいのか、ということだが「警官」「お巡りさん」でいいと思う。上記にあげた略式は基本的に犯罪者間の隠語であり、ドラマや映画で一般人に流行ったものがほとんど。敬称は「お巡りさん」くらい。
内部で「デカ長!」とか呼び合うのはともかく、第三者から「おい、デカ!」と呼ばれたらあんまり気分良くないんじゃないかな?

…というか、日常会話で「この間サツがさ〜」とか「ポリがうろついててさ〜」とか言ったら、なんか一般人じゃない気がする。むしろ怖い。
自分たちが変な誤解を受けないために「いつもありがとう、お巡りさん!」の気持ちを持っていよう。

…だから、もう職務質問するの勘弁してね?

-あんまり役に立たない雑学