徒然なるままに、ひぐらす猫BLOG

映画とか漫画とか気になる小ネタを書いてます

あんまり役に立たない雑学

【雑学】警視庁と警察庁の違い

タケにゃんは警察のお世話になりやすい…というのは前にちょっとお話しましたが、そういえば刑事ドラマではよく「警察庁」やら「警視庁」やら言葉が出てきますね。
他にもテレビ番組でも「◯◯県警」やら「◯◯署」なんてのが出てきますが、いったいぜんたいどういう関係なんでしょうか?
こういうのって「君たち知ってるよね?」くらいな勢いで流されてるので「踊る大捜査線」や「相棒」とかのドラマを見ても「仲悪いのかなー」くらいにしか見えなかったんですよね。

ということで調べてみた。

警視庁と警察庁の違いって何?

まず、大前提として、警察は各都道府県ごとにその県の警察署をまとめている県警(府警、道警)が存在する。
そして東京に設置されている、いわゆる都警が「警視庁」…つまり、警視庁は東京のお巡りさん、ということ。

一方、警察庁は警察全体の防犯対策や刑法の運用、規則の作成など、いわゆる現場仕事ではない仕事。そしてもう1つ大事な仕事をしている。
それは日本全国の県警、府警、道警の指揮監督をしていること。
ちなみに、各都道府県警察を管理しているのは各都道府県知事。

そして働いている人の立場も違う。

警視庁=東京から給料を貰う地方公務員
警察庁=国に仕える国家公務員

これだけで考えると、警視庁も各県警も同じじゃないの?と思うのだが実は違う
何が違うかというと、東京は首都であるということ。首都ゆえに重要な仕事がいっぱいある。

  • 天皇・皇族の警護
  • 内閣総理大臣等要人の警護
  • 立法府・行政機関・在日大使館・総理大臣官邸等の重要施設の警備
など。

日本の首都を警備する警察機関」ということで「東京都警察」ではなく「警視庁」と名乗っているわけだ。
その重要性から組織としても大規模で、警察官の人数も多い。

キャリアとノンキャリアって何?

警察になるにはどうするか?もちろん公務員試験を受けて合格する必要がある。
警察での役職は完全縦割りでポストも席数も決まっている。上が存在し続ける限り、下は上がることは出来ない。
そこら辺の体育系の部活よりずっとシビア。

先ほど、警視庁は地方公務員、警察庁は国家公務員と書きましたが、試験も同じように2種類ある。
地方公務員試験に合格すると、警察官の「巡査」からスタート→「ノンキャリア
国家公務員試験に合格すると、国家公務員になり警察庁に入庁する→「キャリア
そして、警察庁から警察に入ると「警部補」からスタートできる。
キャリアになれるのは年間20人位。まさにエリート中のエリート。どんな試験をするのかは知らないけど。

ちなみに、階級を偉い順に並べると

  • 警視総監
  • 警視監
  • 警視長
  • 警視正
  • 警視
  • 警部
  • 警部補
  • 巡査部長
  • 巡査
になる。

これの壮絶にややこしいところは、同じ階級でも所属している場所によって呼び方が変わってくるところ。

各警察署のトップは「警視正」=署長
これは県警では「部長」で警視庁では「参事官」と呼ぶ。
各県警のトップは「警視監」=本部長
警視庁では「副総監」と呼ぶ。
そして、警視長のトップが「警視総監
ということになる。
んで、警察庁には例外的に「警察庁長官」が存在する。
うわー、ややこしい!

そして、キャリア組は時が経てばトントン拍子に出世していくが、ノンキャリア組はどんなに頑張っても警視長までしかいけない。警視長は県警で言えば署長の下の部長クラス。ここまでくるのにだいたい50〜60代くらいになっている場合がほとんどで、なおかつ極稀。

つまり、警察官のトップになりたいならキャリア組になろうってこと。

どっちが偉いの?

単純にどっちが偉いかというと、すべての警察をまとめている警察庁と考えるのが妥当。
でも、ドラマとかだと対立してるイメージが強い。それはなぜか?

これは一重に「警察庁長官」の存在のせい…だと思う。
警察は年功序列ではなく完全な階級制度。階級が上の人間に命令されれば理不尽なことでも当然従わなければいけない超体育系。
よく「上は現場が分かってない」とかいうセリフが出てくるけど、これは現場をあんまり経験しないで上の階級にあがったキャリア組に対し、現場で活躍しているノンキャリア組がボヤいている。
これ、結構実際にあるらしい。

んで、警察庁長官はすべての警察職員の最高位に位置する警察官…なんだけど、階級がない
警察庁長官は国家公安委員会が内閣総理大臣の承認を得て任命する。ところがどっこい、任命される人は「警視監」から選出されるのだ。
そして、その長官を補佐するのは「警察庁次長」これは役職でいくと警視監と同じ。
つまり、警察のトップなのに階級上では警視総監より下の人

部活動で例えてみると、野球部の部長だった警視総監くんだったが、副部長の警視監くんが校長先生(内閣総理大臣)に生徒会長(警察庁長官)として選ばれたため、予算やらトレーニングメニューやら作戦やらにやたら口を出されるようになってしまった。
…これはムカつく。

実際に警察庁長官と警視総監に話を聞いたわけではないので、この例え話が正解かどうかは定かではありません。
それに警察庁が警視庁に直接命令が下せるのは、内閣総理大臣が緊急事態を布告した時。普段はそこまで絡んでないみたい。
実際に昔は色々あったようですが、今では仲良くやっているようです。

興味がある方は國松警察庁長官狙撃事件とか見てみてください。
当時の警視庁が警察内部の犯行の可能性を警察庁に報告せず隠蔽しようとした、という事件があり、これが原因で警視総監の立場が警察庁長官より下になったと言われてるとかないとか。

ただ、対立させてた方がドラマ的には面白くなるじゃん?ということらしいです。
こればっかりは実際に現場を見てみないとわからないよね。
そのために今から警視総監を目指して勉強するのは無謀の極みなので、近くにいる人の立場や現場の声を聞いてみたい。

それにしても複雑すぎる!
でも、漠然とするよりある程度知ってた方が楽しめるってもんだ!
…ということで、相棒シリーズを見てみよう。

-あんまり役に立たない雑学