徒然なるままに、ひぐらす猫BLOG

映画とか漫画とか気になる小ネタを書いてます

あんまり役に立たない雑学

【雑学】カエル、ヘビ、ナメクジの三すくみ

現在「Pokemon Go!」がハロウィンイベント展開中で、街中にゴース系のモンスターが溢れかえってますね。ここぞとばかりに捕まえてたらモンスターボールがあっという間になくなりました。

ポケモンはタケにゃんが小学生時代にゲームボーイで初代が発売されました。当時、風邪をひいて一日家にいたのをいいことに、布団の中で遊びまくっていたのが懐かしい。

ポケモンといえば対戦ですが、その対戦では相手の弱点を突くことで有効になりますよね。
最初に選べるポケモンは「火・水・草」の3タイプで、それぞれ有効な属性と弱点属性になっていました。
いわゆる「三すくみ」ってやつですが、皆さんは日本に昔から伝わっている三すくみをご存知でしょうか?

それはずばり「カエル・ヘビ・ナメクジ
…なんですが、カエルとヘビはなんとなく分かるけど、なんでナメクジが入ってるの?

ということで調べてみた。

三すくみって何?

三すくみというのは、3つのものがそれぞれ得意な相手と不得意な相手になっており、未動きが取れない状況のこと。
つまり、AとBとCがいて、AはBに強くCに弱い、BはCに強くAに弱い、CはAに強くBに弱いという関係
AがBを倒すとCに負けてしまうため、Bを倒せずににらみ合いが続いてしまう。三つ巴とも言いますね。

一番有名なのが「じゃんけん
グー = 石
チョキ = ハサミ
パー = 紙
で、「石」は「ハサミ」を砕き、「ハサミ」は「紙」を切り刻み、「紙」は「石」を包み込む…んだけど、タケにゃんはずっと「石を思い切り投げれば紙を貫通するんじゃね?」とか思ってました。
また、ネタにはなってしまいますが、漫画の「刃牙」シリーズでは息子のバキと親父の勇次郎がジャンケンをした際に勇次郎のチョキがバキのグーに勝ってしまうという珍事が発生しました。
なかなか上手くいかないもんだ。

刃牙

脱線したので話を戻す。

この理論で行くと
カエル→ナメクジを食う、ヘビに食われる
ヘビ→カエルを食う、ナメクジに食われる?
ナメクジ→ヘビを食う?カエルに食われる
という事になる。

ヘビを食うナメクジなんているのか!?と思っていたらそうではなく「ナメクジは蛇毒を無効化し、粘液でヘビを溶かす」ということらしい。
そんなナメクジがいたら夢とロマンが溢れる!ぜひ、見てみたい。

そもそもナメクジではない?

実際にナメクジは粘液でヘビを溶かしたりしないみたい。
でも、粘液で身を守ることで食われないようにする種類もいる。

他に「ナメクジが通ったあとのヌルヌルをヘビが恐れる」「ヘビがナメクジの寄生虫で死ぬ」とかもっともらしい理由があるようなのですが、元々の語源となった(と思われる)中国の古典(関尹子)では「螂蛆食蛇、蛇食蛙、蛙食螂蛆、互相食也」と書いてある。
蛇(ヘビ)と蛙(カエル)は分かりますが「螂蛆」がナメクジなの?

実は「螂蛆」は「ムカデ」なのだ。
実際にヘビに食われたムカデが体内から食い破って出てくる…なんておぞましい動画もある。
え?じゃあ、カエルも無理なんじゃないの?ということなんだけど、同じ大きさで考えたらギリギリカエルが勝てるっぽい。

ちなみにナメクジは「蛞蝓」と書く。

つまり、これがどこかで間違えて伝わってしまったのではないか?
もしくは混同してしまったのかもしれない。

日本で「蛇・蛙・蛞蝓」の三すくみを扱ったものの中で一番有名なのは「児雷也」であろう。
1839年から書かれた合巻『児雷也豪傑譚』に登場する忍者で
主人公 児雷也 → 蝦蟇(ガマ=蛙)の妖術を使う
奥さん 綱手 → 蛞蝓の妖術を使う
ライバル 大蛇丸 → 大蛇から産まれた
という三すくみになっている。

これは少年ジャンプで連載していた大人気漫画「NARUTO -ナルト-」でそのまま登場しているので知っている人は多いと思う。

色んな三すくみ

結局ナメクジがヘビに強いのは、事実というよりも俗説がメインのようです。
ただ、世界は広いから、もしかしたらどこかにヘビを捕食するナメクジもいるかもしれない。
そんなナメクジが大量に発生したらもはやホラーですけど。

この三すくみは実に色々なパターンがある。
ざっと調べただけでも

  • 狐 → 猟師 → 庄屋 → 狐… (猟師は狐を鉄砲で撃てるが雇い主の庄屋には逆らえない。その庄屋は狐に化かされる)
  • 市民 → 王様 → 奴隷 → 市民… (賭博黙示録カイジ Eカード)
  • 剣 → 斧 → 槍 → 剣… (ファイアーエムブレムシリーズ)
  • 像 → 人 → アリ → 像… (像は人を踏み潰し、人はアリを踏み潰し、アリは像の体内に進入する インドネシアのじゃんけん)
  • 拳銃 → 降参 → 大将 → 拳銃… (大将は拳銃で撃てず、大将たるもの降参しているものを攻撃できないから ミャンマー)
  • ハンマー → ハサミ → 爆弾 → ハンマー… (ハンマーはハサミを砕き、ハサミは爆弾の導火線を切る。爆弾はハンマーを吹き飛ばす)
  • 右翼 → 警察 → ヤクザ → 右翼… (これは…)

ピンと来ないものもあれば「おー、なるほどー」と思うものもある。
ユニークなのは
娘 → 旦那 → 嫁 → 娘…
旦那は嫁の尻に敷かれ、嫁は娘に甘々、娘は旦那の言うことはきちんと聞く…ということらしいです。

いつか
娘 ← 旦那 → 嫁
にならないことを祈るばかりです(笑)

-あんまり役に立たない雑学