徒然なるままに、ひぐらす猫BLOG

映画とか漫画とか気になる小ネタを書いてます

あんまり役に立たない雑学

【雑学】対象と対照と対称の違い

今の時期だとアメリカ大統領戦で争っている「トランプ氏とクリントン氏の黒人問題に対する意見はたいしょうてき」とか言われています。
この「たいしょうてき」ですが、どういった漢字を使うのかパッと出てきますか?

対象?対照?対称?
かく言うタケにゃんも咄嗟に出てきません(´・ω・`)
ホントに日本語ってややこしいですよね。

ここは社会人としても一般常識は身につけておきたい。ついでに簡単な覚え方はないかしら?

ということで調べてみた。

それぞれの意味

まず、それぞれの文字がどういった時に使われるかを調べてみる。ついでに用法も書いてみる。

対象の意味と使い方

意味:目的・目標とするもの
使い方:子供を対象とした商品、当選者を対象に連絡 など

英語だと「target(ターゲット)」と同じ意味。なので「攻撃対象」「恋愛対象」などはこの"たいしょう"を使う。

対照の意味と使い方

意味:他のものとの違いを見比べること
使い方:白と黒の対照的なデザイン、AとBの意見は対照的だ など

英語だと「contrast(コントラスト)」と同じ意味。比較するので「対照実験」などはこの"たいしょう"を使う。
2つのものを比べるときに使う、というのがポイント。

対称の意味と使い方

意味:互いに対応して釣り合っていること
使い方:トランプのデザインは線対称だ、あの建物は左右対称に設計されている など

英語だと「symmetry(シンメトリー)」と同じ意味。ちなみに左右非対称だと「アシンメトリー」最近の髪型で流行ってますね。
これも2つのものを比べるときに使う。

言葉で使う時は注意が必要

これ、使うときに注意しないといけない。
例えば
「AとBは"たいしょうてき"だ」
といった場合
AとBは対照的
違いがはっきりとしていて全然別物だ

AとBは対称的
形や配列が一緒でまったく同じだ

になる。
こんなん言葉上では判断できないよ\(^o^)/
そういう時は類語を使ったり言葉を追加してわかりやすくしよう。

こういう同じヨミの漢字ってややこしいけど、とにかく使って覚えるしかないですよね。
対称は線対称・点対称なんかで学生時代から馴染み深いかもしれないけど、対照なんかは使い慣れてないと分かりませんな。

特にパソコンやスマホばっかりで文字を書いているとホントに咄嗟の時に全く出てこない。
きちんと覚えておこうと思うタケにゃんでした。

-あんまり役に立たない雑学