徒然なるままに、ひぐらす猫BLOG

映画とか漫画とか気になる小ネタを書いてます

あんまり役に立たない雑学

【雑学】食欲の秋、読書の秋、スポーツの秋…なんで秋?

秋だと思ってたら、一気に寒くなってしまいました。
タケにゃんは寒いの苦手なのでとにかくコタツに潜って過ごします。

寒くなってくると温かいものが食べたくなりますね。この時期だと焼き芋とか最高です!
そして、秋には美味しいものが多い。
サツマイモ以外にも栗、柿、梨、葡萄、銀杏、松茸、茄子、魚なら秋刀魚に鰹…こらからは林檎や鮭とかも美味しくなりますよね!

まさに食欲の秋!美味しいものはいくらでも食べれます。
…ところでなんで「食欲の秋」なんでしょうか?
秋になると美味しいものが多くなるから?お腹が空きやすくなるから?

また、◯◯の秋というのは他にも沢山あります。
なぜこんなに秋は盛り沢山なのよ!?

ということで調べてみた。

秋は本当に食べ物が多い

まずは食欲の秋ですが、諸説は色々あるようです。
だがしかし、揺るぎない事実が一つだけある。

 

それは、秋は実りの季節…ということ。

 

これは日本の気候に多大に影響を受けている。
冬は気候・気温的な問題でほとんどの植物が育たないので、多くは春〜夏の温暖な時期に芽を生やし花を咲かせる。そして実をつくり地面の中で冬を越すのだ。日本の主食である「米」も夏の間に成長し秋に収穫する。
冬を越すためにエネルギーを蓄えているので美味しい
つまり、木の実や稲を集めるのは秋が一番適している。
そして、海に囲まれている日本では魚も重要な食材だ。日本近海で捕れる魚は秋〜冬にかけて産卵のためにやって来る種類が多い。
産卵のため脂がのっていて非常に美味しいのだ。

 

また、暑い夏を超えるために体力を消費している。その回復のためにも秋に食べ物を食べる
こうして冬に備えるのだ。

 

冬は体温を上げるためにエネルギーを使う。つまり脂肪を沢山つけなくてはいけない。これまた自然の凄いところで、人を含め動物は寒くなる前に体が脂肪を蓄えるモードにシフトチェンジする。そして代謝があがるのだ。

 

自然界は冬の前に力を蓄えるように循環している、そしてそこに住む日本人はその自然にうまく適合して生きてきたわけ。

まとめると

1.夏に体力を消費したので回復する。
2.厳しい環境の冬を越すために、食べ物を沢山食べてエネルギーを蓄える必要がある。
3.人は美味しいものに脳が刺激をされてお腹が空く。秋は食べ物が美味しいのでお腹が空く。

食欲の秋

ということになる。

 

ここで豆知識。
冬は身体のエネルギー消費のため代謝が上がるので痩せやすい…が、脂肪もつきやすい。
どういうことかというと、温かい室内にいると、代謝が上がらないので脂肪だけついていく → 太る
食欲の秋とはいえ、食べ過ぎには注意しよう。

 

幸せになりたい…!

単純に美味しいものが多く、お腹がすくから沢山食べる…というだけでなく「セロトニン」という物質を確保するため、という説もある。
セロトニンは別名「幸せホルモン」と呼ばれ、精神を安定させてくれる
このセロトニンは日光に当たると多く分泌される。つまりお日様に当たっていると人は幸せを感じるのだ。

 

ところが、秋になると日照時間が短くなってしまい、セロトニンの分泌が少なくなってしまう。実はセロトニンは「糖質・乳製品・肉類を摂取する」「睡眠をとる」ことでも増やすことが出来る。
そのため秋になると自然に身体が食欲を増し、精神を安定させている。

 

寝るのが幸せ…というのはあながち間違っていないんですね。
やはり日中は外に出て、美味いもの食べて、沢山寝ることが本能的に一番幸せなようです。

 

秋は過ごしやすい

人が集中しやすいのは18度前後と言われており、まさに秋の気候がぴったり!
春〜夏にかけてももちろん同じくらいの気温にはなるのですが、問題が梅雨がドンピシャで湿気がすごいこと。

秋はそこそこ乾燥しているため非常に集中しやすい時期なのだ。

 

これは古代中国でも言われており、西暦700年ころ、韓愈(かんゆ)という歌人が「灯火親しむべし」と詠んでいる。これは「夜の長い秋は涼しさが心地よいので、灯火の下で読書をするのにふさわしい季節だ」という意味。

この言葉は夏目漱石の著書「三四郎」に引用されるくらい、明治時代には「秋は読書に適した季節=読書の秋」という認識があったみたい。

 

そして、気候的に身体を動かしやすい季節でもある。そして、農作物の収穫も一段落ついて落ち着ける時期。
そのため、昔から秋に運動会をすることが多かった。
そして、1964年10月10日に「東京オリンピック」が開催され、開会式のあった10月10日を「体育の日」として制定し、スポーツに親しもうという気風が高まった
その頃から「スポーツの秋」という言葉が広がっていったのが定説。

ちなみに、1927年(昭和2年)の9月25日の朝日新聞で「スポーツの秋」という見出しが、大学のレガッタレースと小学生のサッカー大会の記事に使われていたらしい。

 

そして、芸術の秋行楽の秋なんて言葉もありますが、これらもやはり「秋は過ごしやすい」ため。
過ごしやすく集中しやすいから物事に取り組みやすく芸術作品も作りやすい。そして「秋晴れ」なんて言葉もあるように秋は晴天が続きやすいのでお出かけにも最適。
もみじ狩りなんかは定番ですね。

それに合わせて収穫祭やスポーツ祭典、芸術展も秋に集中していき「◯◯の秋」というのが定着していったのですな。

 

秋を楽しもう

秋は1年の中で何をするにも適している時期といえる。
日本人の「四季を楽しむ」という心が「◯◯の秋」という言葉を生み出しているのだ。

「夏は暑いから…」「冬は寒いから…」と運動をサボっていた方(タケにゃんのことです)は今の時期に身体を動かしてみよう。
そして、沢山食べて、色々お出かけして、幸せホルモンを分泌しまくろう!
ただし、食欲があるからって食べ過ぎるとすぐに太るから注意な!

 

そして冬はコタツで丸くなります(ΦωΦ)

-あんまり役に立たない雑学