徒然なるままに、ひぐらす猫BLOG

映画とか漫画とか気になる小ネタを書いてます

あんまり役に立たない雑学

【雑学】早い!速い!!疾い!!!

疾きこと風の如く」…風のように素早く移動するってことですが「はやい」って色んな字がありますよね。早い、速い、疾い…こう"はやい"ばかりだとどの場面で使えばいいか混乱してしまいます。

ということで調べてみた。

 

どの場面で使うのか?

「足が"はやい"」「頭の回転が"はやい"」「予定より"はやく"終わる」「回復が"はやい"」…など、「何かの速度」に関して使われるが、対象によって使う漢字が変わってくる。

それぞれの意味はというと…

早いの意味と使い方

まだ時が余りたっていない。そこまでの時間の経過が短い。
1.時間的に前である。
2.まだその時期でない。
3.簡単である。てっとり早い。

引用元:大辞林 第三版(出典:三省堂)

「早朝」「早熟」「早退」などは1の意味で使われる。「結婚にはまだ早い」などは2。3でいいうと「聞いた方が早い」といった時。
時期的・時間的な速度」に対して使う。英語だと「early」対義語は「」。

速いの意味と使い方

動くもののすすみが著しい。
1.単位時間当たりの進む程度が大きい。すみやかだ。
2.単位時間当たりの回数が多い。
3.短時間で済む。

参考元:引用元:大辞林 第三版(出典:三省堂)

1の例では「流れが速い川」。2なら「脈が速い」3なら「のみこみが速い」など。
動作的な速度」に対して使う。英語なら「quick」「speedy」対義語は「」。

 

疾い」「捷い」は「速い」と同じ意味で使われているが「疾」は本来「病」という意味があった。「疾病」「疾患」などに使われているが「矢のように進行の早い病(疒)」ということから「矢のごとく速い(疾速)」という使い方もされるようになっていったようだ。

 

使い分けは結構難しい

最初の例でいうと
「頭の回転が"はやい"」 → 短時間で理解した → 「頭の回転が速い」
「予定より"はやく"終わる」 → 予定時期の前に終了する → 「予定より早く終わる」

では「回復が"はやい"」はどうか?
短時間で回復するのだから、「回復が速い」…と書きそうだがこれは間違い。なぜなら「回復が"はやい"」は細かくいうと「本来かかるハズの時間より前に回復する」という意味になるため「回復が早い」になる。
話が早い」「気が早い」も同じような意味合い。

 

分かりづらいのが「足が"はやい"」これはどちらの「はやい」も使えるのだが、意味が全然違ってくる。

足が速い → 走る(歩く)速度がはやい
足が早い → (食べ物などが)腐りやすい、腐るまでの時期が早い

となる。
ちなみに、腐りやすいことに「足」を使う理由は諸説あるので次の機会に。

 

感覚的には非常に使い分けは難しい。
速度が速いということであれば「早口」や「早業」なんかは「速」の方が使われてもおかしくないはず。
実は「早」には「急いで行う様子」という意味もあるらしい。そこから「急いでしゃべる」「素早く技をこなす」ということで慣用句として完成してしまったのだ。こればっかりはそういうものだと覚えるしかない。

 

ややこしいのが、時間的なものでも動作的でも受け取れてしまうような場合。

1.時間が経つのがはやい
2.ネット情報ははやい

これらはどっちだろうか?
そもそも、時間は不変なものなのだからはやくなるはずがない。という事は、人がはやく感じているだけ…というのが前提になる。
こういう場合は、解釈によって変わってしまうので、言葉を足すことで限定させるのが一番。

 

1の場合
1-1.1年を振り返ってみると時間が経つのは早いものだ
早いものだが、まだ1年たっていない(=まだ1年ではない)

1-2.のんびりしていると時間が経つのが速い
時間の流れ(=動作的な速度)が速いと感じている

2の場合
2-1.テレビに比べてネット情報は人々に早く伝わる
テレビよりてっとり早く情報が拡散する

2-2.ネット情報は伝達速度が速い
短時間で広範囲に情報が拡散する

このように前後の装飾で意味が変わってしまう場合もある。これは会話の時に特に気をつけなければならない。自分が「速い」のつもりで話していても、相手が「早い」の方で受け取ってしまう可能性もあるのだ。

 

やはり日本語は難しい…このフワフワした感じが日本らしいといえば日本らしいのかもしれないけど。簡単な違いは「はやさの対象が時間か動作か」で判断し、不明なものは詳細に説明するか、ぶなんに「はやい」と書いてしまうのも手ですね。

-あんまり役に立たない雑学