徒然なるままに、ひぐらす猫BLOG

映画とか漫画とか気になる小ネタを書いてます

あんまり役に立たない雑学

【雑学】"制作"と"製作"の違い。何を作るの?

タケにゃんはこのブログを「制作・管理」しています。
この「せいさく」という字ですが「製作」と書く場合もありますね。

これの使い分けって非常にめんどくさくないですか?
特に「製作委員会」「制作委員会」なんて、同じ言葉もありますが、意味の違いを正直分かっていません(´・ω・`)

ということで調べてみた。

"制作"と"製作"の違い

どちらも「何かを作っている」という意味では共通のハズ。ということは「何か」が違うのだろうか?
製作の方が漢字が難しい分、なんだか物々しい雰囲気を漂わせている。
それぞれの意味は下記の通り。

"制作"の意味

芸術作品などを作ること。

英語なら「Production」

引用元:goo辞典

"製作"の意味

1.道具や機械などを使って品物を作ること。
2.映画・演劇・テレビ番組などを作ること。プロデュース。(=制作)
3.詩文・美術作品などを作ること。(=制作)

英語なら「Making」

引用元:goo辞典

 

…んん?同じ意味がある?
唯一被っていない意味は「道具や機械などを使って」という部分。
工場や工房など、機械や道具を作る場所を「製作所」といいますが、ここで作られたものは「製作」されたということになる。
この「道具」というのはいわゆる「工具」と考えても問題ない。

となると「制作」の方は「道具や機械を使わずに作る」ということになる。
例えば、絵画や小説、銅像、俳句など、もちろん道具も使うが、主に人の手によって作られるもの(=芸術作品)は「制作」されたということになる。

まとめるとそれぞれの作るものは
制作:芸術作品
製作:機械や道具、商品
ということになる。

 

同じような意味があるけど…

ところが「製作」には「制作」と同じ意味がある。

 

まずは映画・演劇などを作ること。映画や演劇は芸術作品といえなくもない気がする。
実はDVDのジャケットの裏を見ると「製作◯◯」「制作◯◯」と書いてある場合がある。

 

どういうことかというと、実は"制作"は「実際に作業をして作っている」ことであり、"製作"は「企画・資金調達・宣伝・興業全般などを行っている」という違いがある。つまり、実際に作っている人たちを「制作者」といい、その作品に関わる人達を「製作者」という。

実例を出すと、ディスニー映画なら「制作:ピクサー」であり「製作:ディズニー」になる。これはディズニーが出資して、ピクサーが映画を作っているということ。
2016年度大ヒット中の「君の名は。」は「制作:コミックス・ウェーブ・フィルム」で「製作:「君の名は。」製作委員会」になっている。製作委員会とは、複数の会社・企業が共同出資・共同興業を行っているということ。
テレビも同じで、各局(TBS、フジテレビ、日本テレビ etc.)が「製作」で「制作」は制作会社が行っているということもある。よくテレビで「内容に問題があった」なんて時に、制作会社の名前が出てくるのはこのため。

立場的には「制作」より「製作」の方が上なのだ。

 

この使い分けは、完成する作品が「何か」という捉え方の違いによる。
映画は人の手によって作られる創作作品(=芸術)なので「制作」、一方、プロデュースする側としては作られた芸術作品は「流通する商品」なので「製作」という字が当てられるのだ。

これは詩文なども同じことで、例えば「宮沢賢治が詠った詩」は「制作」されたものだが、この詩を出版社が本として印刷して販売すれば、その本は「製作」されたものになる。

 

 

おまけのまとめ

ちなみにそれぞれに似た意味に「作成」「作製」があるが「作成」は「書類・文章・計画などを作り上げること」「作製」は「品物・機械・図面など、ものを作ること」でほぼ「製作」と同じ意味がある。
なので、報告書や企画書など、芸術作品でもなければ機械などで作らないものは、一般的に「文章作成」「原稿作成」などと言い、基本的に「文章制作」とは言わない。

 

「せいさく」と聞いただけでは、パッと聞いただけでは判断しづらいですね。
ただ、言葉を正しく理解していると、映画を見た時なんか力関係が分かったりして面白いかもしれませんね。
特に表立ってロゴが表示されるのは「製作会社」の方なので、エンディングなんかで「制作会社」を気をつけてみると意外な発見があるかもしれませんよ!

 

昔は「製作・制作」と自社で出資しつつ作っている会社も沢山あったのですが、現在では規模の大きさ、技術の専門化から一社で製作するのは難しくなってきているようですね。
アニメーターなんて薄給で苦しい時代ですし、ぜひ制作会社には潤ってほしいものです。

-あんまり役に立たない雑学