徒然なるままに、ひぐらす猫BLOG

映画とか漫画とか気になる小ネタを書いてます

あんまり役に立たない雑学

【雑学】"バレンタイン"と"ホワイトデー"…そもそもの由来は何?

2月の一大イベントといえば「バレンタインデー
2月14日、世の女性が気になる男性にチョコをあげる日…そしてそのお返しをするのが翌月の3月14日の「ホワイトデー」。
俗に3倍返しという理不尽な謎ルールに頭を抱える男性も多いのではなかろうか?

本命以外に渡す「義理チョコ」なんてのもありますが、最近は友達同士で食べる「友チョコ」、家族にあげる「ファミチョコ」、さらに自分自身への「ご褒美チョコ」、それが男性だったら「俺チョコ」など多数。さらには男性が女性にチョコをあげる「逆チョコ」、なんてのもあるみたいです。

ところで、そもそも「バレンタイン」って何?いつから始まってるんでしょうか?
それに、ホワイトデーがあるならブラックデーじゃないの?…いや、なんか終末観が凄いな…。

ということで調べてみた。

 

バレンタインは人の名前

そもそもの起源はローマ帝国の時代に遡る。269年に当時のローマ皇帝「クラウディウス2世」によって迫害され殉教した「聖ウァレンティヌス」という人物が由来。英語読みで「バレンタインで、この人が処刑されたのが2月14日なのだ。

なんで処刑された日がお祝いの日になってるの?ということだが、それはこの人がやったことに関係している。

 

若い兵士の結婚は禁止されていた

2月14日は元々、ユノという家庭と結婚の女神様のお祭りで、翌日15日はルペルカリア祭という豊作を祈願する祭日だった。
当時のローマは若い男性と娘の生活は別だったのだが、この祭りの前日に若い娘たちは桶に自分の名前を書いた紙を入れ、男たちは15日の祭りの当日、その桶から紙をひく。その紙に書かれている娘と男性は祭りの間パートナーとして過ごし、そのまま恋に落ち結婚する…というのが習わしだったのだ。

出会いが限定されている分、お祭り効果で情熱が燃え上がっちゃうんでしょうか。
なんだか、大掛かりな婚活パーティーみたいですな。

 

ところがどっこい、クラウディウス2世は若い兵士の結婚を禁止にしてしまう。その理由は「愛する人を故郷に残した兵士がいると士気が下がる」から。要は「死にたくない」と思ってしまうということだろうか。
「故郷に残した妻(家族)のために俺は頑張るぜ!」という最近の映画とは逆の発想ですね。まあ、こういう発言した人は大抵やられてしまうんですけど…。

 

そこで、当時キリスト教の司祭だったウァレンティヌスは、婚姻できずに嘆く若者同士を憐れみ、密かに結婚式を挙げていた。
それに気づいた皇帝はもちろん怒り、結婚式を取りやめること、そして当時優勢だったローマ国教に改宗するように命令をするもウァレンティヌスは承諾せず、ついに投獄されてしまう。
そしてユノの祭日であり、ルペルカリア祭の前日である2月14日にルペルカリア祭の生贄として処刑されてしまう。これによりキリスト教ではウァレンティヌスは聖人に列せられ、殉教した日が祭日となり、恋人の日として定着した。

つまり、バレンタインデーはキリスト教のお祭りなのだ。

聖ウァレンティヌス
▲聖ウァレンティヌスさん

 

この話には裏がある…

そもそもルペルカリア祭はキリスト教からすれば完全な異教の神々のお祭り。西暦5世紀、当時のローマ教皇「ゲラシウス1世」はルペルカリア祭が若者の風紀を乱すと考え、廃止にしようと考えたが、ただ廃止しただけでは反感をかってしまうのは目に見えていた。
そこで、ヴァレンティヌスが処刑された2月14日と関連づけ、男女を結びつけるという特色を残しつつ、キリスト教的な行事であるバレンタインデーを創設してすげ替えたのだ。これにより、キリスト教徒ではない異教徒の改宗も目論んだと言われているが、それは定かではない。

実は、ウァレンティヌスが熱心なキリスト教徒で、宣教活動の結果、処刑されてしまったのは事実だが、当時のローマ皇帝が若者の兵士たちの結婚を禁止してたという史実はなく、秘密で結婚式を挙げていたというのはあくまでも伝説にすぎないらしい。

 

つまり、ウァレンティヌスの処刑がまんまとキリスト教布教に利用されたということなのだ。

 

 

日本でのバレンタインデー

とにもかくにも「2月14日は愛の日」ということは世界中に広がっていく。発祥の地である西ヨーロッパでは、男性も女性も、花やケーキ、カードなど様々な贈り物を、恋人や親しい人に贈る日になっている。そして、日本には戦前に来日した外国人によって一部行われていたが、大きく普及したのは1970年頃。

 

色々諸説はあるものの、どうやら1936年にモロゾフ製菓という製菓会社が外国人向けの新聞に「あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう」というコピーを広告に載せており、それが一番最初の「バレンタインにチョコを送る」という事を仕掛けたのではないかと言われている。
それを裏付けるものとして、1992年に本社がある神戸に聖バレンタイン殉教の地、イタリア・テルニ市から「愛の像」が贈与されているのだ。

ところが、当時のチョコレートは非常に高価だったため、一般的にはまったく流行らなかった。そこで1958年ころから、各製造メーカーやデパート業界が普及活動を行ってきたが、当時もチョコレートは手紙などの贈答品のオマケ程度に考えられており、結局定着したのは上記通り、1970年頃になってからだったのだ。

 

日本人の意識の変化がバレンタインを変えた

なんで普及するまでに実に30年以上もかかっているかというと、まずはチョコレート自体が高価だったこと。そして、ターゲットがあくまで夫婦限定だったかららしい。当時は貞操観念が厳しかったため、未婚や未成年は対象にならなかったようなのだ。

1968年には「バレンタインにチョコを贈る」というのを定着させるのは難しいと考えられていたが、1973年にオイルショックに見舞われ、高度経済成長が終焉を迎えると、不況にあえぐ小売業界の積極的なマーケティング戦略も相まって、チョコレートの売上が増加した。
その頃、若者の間でも「愛の日は未成年でも祝ってOK」「恋人未満でも親愛の情をこめて贈り物を贈る」という考えが定着してきたのだ。そして、小学校高学年から高校生までの学生層から広まり、1980年代後半頃には夫や父親、義父に贈るなど主婦層でも広がりを見せていったのだった。

 

日本独自のバレンタイン

よく「バレンタインはチョコレート業界の陰謀」ということが言われるが、歴史を紐解くと業界の目論見通りにはまったくいっていない。どの時代もやはりトレンドは学生から広まっていくのだろうね。

そして
・バレンタインにはチョコを贈る
・女性が男性に贈る
・愛情表現の一種
という「日本式のバレンタインデー」が定着していくと、さらに独自の習慣が発生してくる。

それが「ホワイトデー」と「義理チョコ」。
ホワイトデーは1977年に「和菓子屋・石村萬盛堂」の社長が女性誌を読んでいた時に、バレンタインデーの返礼として「マシュマロデー」を思いつき開始したのが始まりだとされている。その後、1979年に他の和菓子屋と共同で「ホワイトデー」という名称を用いたのが有力な説。

 

そして、会社勤めのOLが会社の男性同僚にチョコを配る「義理チョコ」という風習が広がっていく。ところが、昨今では贈答が過熱する義理チョコ交換に対して、自粛や禁止する企業や集団も登場してきた。

どちらも海外では見られない風習なので「義理チョコ準備するの大変…」とか「お返しを用意するのがしんどい…」という人は割り切って考えてしまうのもありかもしれない。

 

 

おまけのまとめ

2000年代以降は年間のチョコレート消費量の2割を消費する日としてまで定着してきている。ところが、1990年代後半から義理チョコが衰退傾向にあり、その代わりに女性が女性にチョコを贈る「友チョコ」の割合が増大し、市場を支えている。
男性が女性にチョコを贈る「逆チョコ」といったものも増えてきている。

また、労働法の専門家によると、職場内のバレンタインデーとホワイトデーの強要は「環境型セクシャルハラスメント」の温床とされているという意見もある。

ただ、これらは日本に限ったことで、世界的に見れば男女関係なく「愛の日」なのである。
純粋にお互いが愛を感じ逢えれば、形はどうでもいいのだ。
だから、無理にチョコを買ったり、チョコを貰えなかったからといって凹む必要は全くないぞ!

 

そして、クリスマスと同様に、バレンタインデーがキリスト教の祭日ということを日本人はほとんど知らないよう。なので、イスラム教徒の方にチョコを贈る時はちょっと考えようね!

タケにゃんは甘いモノが好きなので、バレンタインで売れ残ったチョコを買って食べてます。
ビバ!バレンタインデー!!

-あんまり役に立たない雑学